投稿者「jimukyoku」のアーカイブ

2020年度春季研究大会・年次学術大会の開催日・開催方法について

6/20に開催されました2020年度第1回理事・監事会(オンライン会議)において、今年度春季研究大会、年次学術大会の開催日・開催方法について、下記の通り決定しましたので、お知らせします。

(1) 2020年度春季研究大会

 開 催 日:2020年9月26日(土)(午後) 
 開催方法:Zoomを用いたオンライン開催

(2) 2020年度年次学術大会

 開 催 日:2020年11月14日(土)(全日)  
 開催方法:Zoomを用いたオンライン開催

 本年度は、新型コロナウイルス感染症について感染動向等の先行きが見えないため、オンライン会議システムを利用した開催となります。
 両大会とも、高村学人理事(立命館大学)に、Zoomを用いてのオンライン会議のホストを担当していただけることになりました。
 各大会の内容等、詳細につきましては、順次ホームページ、メールにてお知らせします。
 なお、春季研究大会と、年次大会会場へのアクセス方法、報告資料等は、ホームページには掲載されません。メールでの通知のみとなります。
 2020年5月に配布した学会報に同封しましたメールでの連絡をご希望される方は、事務局までその旨メールでお知らせください。

 日本農業法学会事務局

緊急のお知らせ 2020年度春季研究大会の開催中止について

2020年6月20日(土)に予定しておりました本年度春季研究大会ですが、会場に使用予定であった早稲田大学から、新型コロナウイルス感染症対策として、教職員主催のイベントについて8月初旬までの自粛要請が出されました。
 誠に残念ながら、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う現在の情勢下では、6月20日(土)の開催は中止せざるを得なくなりましたので、皆さまにお知らせ申し上げます。
 なお、日程を延期した上での開催の可能性につきましては、今後の検討課題とし、適時に適切な判断をいたして参ります。
 また、現在の状況下では学会報の発送作業も例年より遅れ込む可能性があります。
 本年秋の年次学術シンポジウムの開催に関する情報(現時点では、11月14日(土)に立命館大学いばらきキャンパスにおいて開催の予定)も、内容が明確になり次第、ホームページにアップしていきます。
 会員の皆さまにおかれましては、このホームページを適宜にご閲覧くださいますよう、お願いいたします。

日本農業法学会事務局

2019年度 日本農業法学会 学術大会シンポジウム

下記の要領で2019年度学術大会を開催しますので、ふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

主催:日本農業法学会
共催:福島大学食農学類

【テーマ】
「放射能汚染を乗り越えて、なりわいとふるさとを取り戻す」

【日時】
2019年11月9日(土) 10時10分~17時45分 シンポジウム
2019年11月10日(日) 9時00分~17時00分 エクスカーション

【会場】
福島大学M1教室
(上記リンク先の、赤丸に11番の建物が「M講義棟」になります。)
福島県福島市金谷川1

【会場までの交通】
・「福島駅」よりJR東北本線「金谷川駅」下車 徒歩10分
  福島駅から2つ目(所要時間約10分)
  郡山駅から8つ目(所要時間40分)

・東北本線は、運行本数が少ないのでご注意ください。

※11月9日朝は、福島駅発09:37→金谷川駅09:47ですと、開会に間に合います。
※エクスカーションに参加せずその日のうちに東京およびその近郊へ帰る方は、懇親会終了後、金谷川駅発20:55→福島駅21:05の電車に乗れば、東京駅に23時前に帰着できます。

【1日目・シンポジウム】
10時10分 開会・会長あいさつ

10時15分 第一報告 「福島農業の復興・再生に向けた現状と課題―震災・原発事故8年を経過して」 塩谷弘康 会員(福島大学)
10時55分 第二報告 「大震災後の福島県における農地利用と集積の新動向:農業法人の成長に注目して」 荒井聡 会員(福島大学)
11時35分 第三報告 「福島の営農再開で取り戻すべきものは『稼ぎ』や『雇用』だけなのか?:菜種・雑穀栽培からの示唆と日本の土地利用型農業の未来」 石井秀樹 氏(福島大学)

12時15分 昼休み・理事監事会(福島大学行政政策学類大会議室)
   (*昼休み中、希望者の方を対象に、新食農学類棟見学ミニツアーを実施する予定です。詳細は当日アナウンスします。)

13時20分 会員総会(M1教室)・開催校挨拶

14時00分 第四報告 「飯舘村『農』の再生に向けて」  杉岡誠 氏(飯舘村復興対策課農政第一係長)
14時30分 第五報告 「浪江町における食と農の再建の模索」 石井絹江 氏(石井農園・浪江町農業委員)
15時00分 第六報告 「持続可能な環境・循環・共生の社会をつくるために」  菅野正寿氏(NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会・遊雲の里ファーム主宰) 

15時30分  休憩

15時45分  全体討論

17時45分  閉会

・シンポジウム参考文献リスト
大会での理解や議論を深めるため、報告者の関連論文等を下記のとおり挙げておきます。(著者名五十音順)

・石井秀樹 「原子力災害からの土地利用型農業の振興施策に求められる視座~南相馬市における菜の花・トウモロコシ・ソルガム栽培からの考察~」(『福島大学地域創造』29(1), 8560-8569, 2017)
 (上記のリンク先サイトの「フルテキストへのリンク」から、ダウンロードできます)

・(石井絹江氏の取り組みに関し)岩崎由美子「福島原発の足元で食の安全を築く女性たち」(佐藤一子他編著『<食といのち>をひらく女性たち』農文協、2018)

・塩谷弘康・岩崎由美子『食と農でつなぐ 福島から』(岩波新書、2014)

・杉岡誠「原発事故から8年、農による生きがいの再生」(『現代農業』2019年3月号)

・菅野正寿『農と土のある暮らしを次世代へ 原発事故からの農村の再生』 (コモンズ、2018)

【懇親会】
18時00分  行政政策学類大会議室 (費用3,000円程度)

【2日目・エスクカーション】
・集 合 8時50分 福島駅西口貸切バス乗り場
    *詳しい場所については、学会シンポ当日にアナウンスします。
・出 発 9時00分 貸切バスにて乗り場を出発

・場 所 シンポジウムでご報告いただく二本松市東和地域、飯舘村を訪問します。

・行 程
  9:00       福島駅西口出発
  9:40~10:10 ゆうきの里東和地域資源循環センター(堆肥センター)
 10:20~11:00 ふくしま農家の夢ワイン
 11:15~12:20 道の駅ふくしま東和
 13:00~14:00 飯舘村農家レストラン「気まぐれ茶屋」(昼食)
 14:20~16:00 飯舘村役場、村内視察(営農再開圃場、仮置き場等)
 17:00       福島駅西口帰着            
            
・費 用 4,000~5,000円程度(昼食代込)

2019年度 日本農業法学会 春期研究大会

2019年度の日本農業法学会春季定例研究大会を、下記の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

【日時】
2019年6月15日(土) 13:00~17:30
  
【会場】
早稲田大学法学部9号館 5階 第1会議室
9号館は、早稲田キャンパスにあります。こちらのリンク先(pdfファイル)をご参照ください。
マップ中央よりやや左下付近の「9」と書かれた建物です。

【報告】
・第一報告(13:00~15:00)
「地域政策としての『地域おこし協力隊』の制度と現実ー愛媛県下の制度導入、自治体と隊員の実態調査」
藤井 孝哉 氏 (松山大学大学院修士課程)

休憩(15:00~15:15)

・第二報告(15:15~17:15)
「森林関係法令の最近の動向」
渡邊 毅 氏 (林野庁林政部長)

2018年度 日本農業法学会 学術大会シンポジウム

下記の要領で2018年度学術大会を開催しますので、ふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。                         

【テーマ】
「地域における自然・社会資源の維持管理主体―その有機的連関構造の諸相と構想」

【日時】
2018年11月10日(土) 10時~17時30分 シンポジウム
2018年11月11日(日)  9時~16時30分 エクスカーション

【会場】
京都府立大学・教養教育共同化施設「稲盛記念会館」1階103教室
京都市左京区下鴨半木町1-5

【1日目・シンポジウム】
10時00分  開会・会長あいさつ           

10時05分  趣旨説明 楜澤能生会員(早稲田大学)

10時15分  第一報告「一般社団法人による地域資源管理の現状と課題」森剛一会員(アグリビジネス・ソリューションズ㈱)
10時55分  第二報告「集落による地域資源管理の現状と中山間地域等直接支払制度の課題―福島県を事例に―」岩崎由美子会員(福島大学)
11時35分  第三報告「持続可能な林業の担い手に関する法学的考察―森林経営管理法と自伐型林業を念頭に」松本充郎氏(大阪大学)

12時15分 昼休み・理事監事会(稲盛記念会館2階会議室)

13時30分 会員総会(「稲盛記念会館」1階103教室)

14時00分  第四報告「維持管理を担う主体の現在位置」九鬼康彰氏(岡山大学)
14時40分  コメント1「里山学の視点から」牛尾洋也会員(龍谷大学)
14時55分  コメント2「都市民の視点から」福永晋介氏(京都生協・「地産地消担当」)

15時10分  休憩

15時30分  全体討論

17時30分  閉会

【懇親会】
18時00分  場所未定(費用5,000円程度)

【2日目・エスクカーション】
・集合 8時50分 京都駅八条口貸切バス乗り場
   *詳しい場所、注意事項等については、学会シンポ当日アナウンスします。
・出発 9時00分 貸切マイクロバスにて乗り場を出発

・研修時間と場所
    11時00分~15時00分
    京都の代表的な宇治茶(和束茶)産地である 和束(わづか)町にて研修
    会場は、「和束町観光案内所」「D:matcha Kyoto CAFE & KITCHEN」

・研修内容
  (1)和束町役場農村振興課長・東本繁和氏より、和束町の茶業と町づくりというテーマで、レクチャーを受けます。
  (2)(有)前出製茶場社長・前出守氏を囲んで、同氏の茶業経営と担い手育成について座談会形式でヒアリングします。
  (3)町外から移住して、お茶を食材にしたメニューのレストランとお茶商品の販売事業などを展開されているD-matcha(株)社長の 田中大貴氏より 入植の動機や経営の現状・将来計画を伺います。
   *D-matchaのレストランで昼食をとりながら

・帰着 16時30分 頃京都駅八条口帰着 予定

・費用:3,500~4,000円程度(昼食代は別途)

2018年度 日本農業法学会 春期研究大会

2018年度の日本農業法学会春季定例研究大会を、下記の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

【日時】
2018年6月16日(土) 13:00~17:30
  
【会場】
早稲田大学法学部8号館 3階 会議室
8号館は、早稲田キャンパスにあります。こちらのリンク先(pdfファイル)をご参照ください。
マップ左やや下付近の「8」と書かれた建物です。

【報告】
・第一報告(13:00~15:00)
「今日の食品流通と卸売市場法の改正について」
武田裕紀氏(農林水産省食料産業局食品流通課卸売市場室長)

休憩(15:00~15:15)

・第二報告(15:15~17:15)
卸売市場法の必要性を考える― 農産物市場の市場論的検討を踏まえて―」
加藤光一会員(松山大学)

【付記】
 2018年度の年次大会は、11月10日(土)京都府立大学にて開催されます。ご予定ください。翌11日(日)にはエクスカーションも実施されます。

2017年度 日本農業法学会 学術大会シンポジウム

下記の要領で2017年度学術大会を開催しますので、ふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。(なお、本シンポジウムは一般に公開しております。開催校・協力・協賛団体関係者以外の方は、資料代500円申し受けます。)                         

【テーマ】
「土地所有のあり方を考える―不在地主・都市の縮退・利用規制―」

【日時】
2017年11月11日(土) 9時30分~17時30分 シンポジウム
2017年11月12日(日) 9時~16時 巡検(エクスカーション)

【会場】
富山大学(五福キャンパス)共通教育棟C11 富山市五福3190 (自家用車での入構可)

【1日目・シンポジウム】
9時30分 開会・会長挨拶
9時35分 趣旨解題 安藤光義会員(東京大学)
9時40分 第1報告「農地の不在地主問題の発生と現状―既存研究の整理―」安藤光義会員(東京大学)
10時20分 第2報告「山林の不在地主の問題化と対策」三木敦朗会員(信州大学)
11時00分 第3報告「富山市のコンパクトなまちづくりと現状」大西宏治会員(富山大学)
11時40分 第4報告「地域計画課長は農地制度に関して何をしたのか~日本社会の拡張期から収縮期への転換点において~」武本俊彦会員(食と農の政策アナリスト・元農林水産省地域計画課長)

12時20分 昼休み・理事監事会

13時50分 会員総会(開催校挨拶)

14時30分 第5報告「あらためて土地所有権とは何かを考える」楜澤能生会員(早稲田大学)

15時10分 休憩(20分)

15時30分 総合討論(120分)

【懇親会】
18時00分 Cafe AZAMI(正門脇)(費用3,500円程度)

【2日目・巡検】
8時30分 富山駅南口集合
・路面電車南北接続事業(コンパクトシティ整備)の視察

9時00分 富山駅北口 バス発車 【ここからのご参加でも結構です】
1.イタイタイ病対策地の視察
   復田事業実施圃場を元担当者の方にご案内いただきます。
2.富山県の農林水産業現場の視察 順不同
(1)富山環境整備の大型ハウス(次世代施設園芸):富山市婦中町
(2)あねくら営農組合の白ネギ機械化一貫作業:富山市大沢野町
(3)富山県魚津採種園の優良無花粉スギ「立山 森の輝き」苗畑:魚津市石垣
(4)小菅沼「ヤギの杜」:魚津市鹿熊

16時00分 富山駅帰着 予定
費用:3000円~3500円(昼食は別途)

2017年度 日本農業法学会 春期研究大会

2017年度の日本農業法学会春季定例研究大会を、下記の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

【日時】
2017年6月17日(土) 13:00~17:30
  
【会場】
早稲田大学法学部9号館 5階 第一会議室
9号館は、早稲田キャンパスにあります。こちらのリンク先(pdfファイル)をご参照ください。
マップ左やや下付近の「9」と書かれた建物です。エスカレーターで5階までお越しください。

【報告】
・第一報告(13:00~15:00)
「所有者の意思の把握が難しい農地の利用をめぐる論点と課題--相続未登記、所有者不在、所有者不確知等の問題を中心に(仮題)」
長友昭会員(拓殖大学)

休憩(15:00~15:15)

・第二報告(15:15~17:15)
「収入保険制度の導入と農業災害補償制度の見直し」
前田剛志氏(農林水産省経営局保険課)

※第二報告・報告者からのコメント
「農業政策が変化する中で農業共済制度にも大きな変化がもたらされようとしています。その概要をできるだけわかりやすく報告し、ご質問にお答えします。」

【付記】
 2017年度の年次大会は、11月11日(土)12日(日)富山大学にて開催されます。

学術大会開催校からのご連絡

開催校からのご連絡

1. 宿泊状況についての報告
11月11-13日は現在確認しているところによると、松山で次の三つの催しが開催されます。全国スポーツ推進協議会愛媛大会が県武道館で、日本電気学会が市民会館で大会が開催され、また絢香10周年記念コンサートがあり、市内の比較的格安のホテルが満杯状況です。まだ11日については予約が入ってない場合もありますが、12日は空室なしが多いようです。
そこで次の提案をします。
① 松山市隣接の伊予市で探す方法があります。具体的に開催校の加藤から連絡しているの
は次の宿泊施設です。各自、個別に連絡して見てください。日本農業法学会と言って頂ければ可能だと思います。
ウェルフェア伊予 〒799-3015 愛媛県伊予市下三谷1761-1電話:089-983-4500 welpiaiyo.jp
JR予讃線伊予市駅から車で6分、伊予鉄軍中駅から車で5分、宿泊金額は5-6000円。
② 愛媛大学本部宿泊所及び愛媛大学宿泊所(但し、10室ぐらい)
これについては、愛媛大学の教員に連絡して予約しなければなりません。必要な人は、加藤 kkato@cc.matsuyama-u.ac.jpまたは090-4462-6108まで連絡ください。
③ 民泊サイトでの予約方法:Airbnbで松山、道後を見られるとリーズナブルなものもあ
ります。また道後からでしたら、1000円弱で松山大学にこれます。もちろん路面電車もあり、比較的便利です。道後温泉本館の近くです。
④ 飛行機便と宿泊のパックですと、比較的リーズナブルな商品が残っている可能性があ
ります。

2.昼食について
昼食はカルフールの生協が開いて居ますので、そちらをご利用ください。大学周辺にも食事をとるところもありますが、生協食堂が一番よいと思います。

3.懇親会について
場所:松山大学カルフール会館松山大学生協
会費: 3500円
時間: 18時~20時
愛媛の地酒4つの蔵元のもの、鯛めし、地場もの刺身等を中心に愛媛県産のもので対応してもらうことになっています。

4.開催場所について
大会当日は、松山大学では推薦入試が実施されております。ご配慮をお願いいたします。

2016年度 日本農業法学会 学術大会シンポジウム

下記の要領で2016年度学術大会を開催しますので、ふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

【テーマ】
「農山漁村再生の道筋を探る」

【日時】
2016年11月12日(土) 10時00分~17時30分 シンポジウム
2016年11月13日(日) 09時00分~16時00分(予定) エクスカーション
※ホテル等の予約、昼食、懇親会に関すること、ならびに開催校からのお願いについて、開催校からお知らせがあります。こちらのリンクをご参照下さい。

【会場】
松山大学文京キャンパス2号館2F  222教室(または223教室)

【1日目・報告】
趣旨解題   安藤光義会員(東京大学)
第1報告:  「『地方創生』をめぐる矛盾と対抗」  岡田知弘会員(京都大学)
第2報告:  「市町村農政と農村地域再生」  堀部篤会員(東京農業大学)
第3報告:  「計画法制に見る農村の位置づけと実態」  見上崇洋会員(立命館大学)

以上、午前の部

第4報告  「再生可能エネルギーでむらおこし―ドイツの場合―」  村田武会員(愛媛大学)
第5報告  「内子町のまちづくりの展開と高次元農業の追求―自治と学習―」
            鈴木茂教授(松山大学)・山本真二氏(内子町役場)

総合討論

【懇親会】
18時~ 松山大学カルフール会館松山大学生協

【2日目・エクスカーション】
1,出発地→松山大学 9時出発、終了後、松山空港までバスを運行
2,研修テーマ:「内子町のまちづくり」
3,参加費:参加者数によりますが、3500円以内に納めることが可能かと思います。